忍者ブログ
中川謙太郎、 Good Friends の応援ブログです。 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10


一番むずかしいこと、一番簡単な事、

一番単純で、一番分かりやすい事、

あたりまえのこと。


一番悲しみを連れてくる事

一番残酷に迫ってくる事

一番厄介な事

あたりまえのこと。


あたりまえにあるために、おそらくすべて

このワードに約束を無理矢理交わされて

底の至ればあたりまえを当たり前に示すことが

約束であり、結果であり。


それがくずれ回復出来ないなら 失格・・・・

すべてに用意された 自分が世の中に対して

出来なければ成らない契約の言葉それが

あたりまえ////>


よしきめた!オレの敵は

あたりまえ!!!!


おやすみなさい
PR


運命とは 戦う価値がある

少なくとも私は そう思う






ヘミングウェーの言葉、

昔の人達が残した言葉もすごいが


”1000の風”を書いた のが

実は現代の今丁度17歳くらい

の少女だったうわさがあり

もしもそうだったら

今の人も 本当にすごいと思う



言葉は 剣みたい
使い方次第

言葉は 天気みたい
気まぐれ

だから 人がやっぱ

すごい 


それをあやつるんだもの


さて もうねます

おやすみなさい


ロンドンの帰り、眼下にみた

ツンドラの森林地帯 絶対に

何か重大な文明の跡があると

見入ったツンドラの森林地帯に

一人の御老人が 自給自足で

暮らしているドキュメンタリーを

見たのを思い出した



30数年間 だれとも 接触しなかった
らしい 望んでではなく だれとも

合わなかったからだ

某テレビ局のスタッフに対して
彼が言葉を発するのをやめることは

なかったそうだ

ずっとしゃべっていたらしい


深い森の奥の ボロボロの小さな家

幼い頃は家族がいたらしい

青年になったころを過ぎたあたりで

ひとりになる


どんなだったろう その人生は
一体どんなだったのだろう?

そんなことを思い出したロンドンの
帰りのツンドラ上空だった

絶対にrockの世界に戻ろうと誓った

絶対に横道に戻ろうと誓った

絶対に自分の道に戻ろうと


ずいぶんいろんなものを無くした

取り戻せたもの 取り戻せるもの

取り戻せないもの そもそもないもの

今どのあたりを歩いているのか


夢までどのくらいなのか


おやすみなさい




対価交換で かせいでおると


時間の費やした部分がお金となり


暮らしがようやく成り立つ仕組みの中


で右往左往して・・・・・


疲れた事も分からず がんばって

ホントにわずかな潤いのために

たくさんのものをだめにしていくような

状況・・・・・・

失速ではあるが しょうがない

ぐっとこらえてがんばるしかない

おやすみなさい

時々降る 4月の雪のように

優しい気持ちに慣れたら


たまに それだけで

全てをリセットできるような

心持ちに成る


めったにないが・・・・

BY  PRINCE


おやすみなさい
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
中川 謙太郎
年齢:
48
性別:
男性
誕生日:
1969/10/21
自己紹介:
Nakagawa Kentaro
福岡県出身 A型 天秤座
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(03/11)
(05/02)
(05/05)
(05/06)
(05/07)
カウンター
"中川 謙太郎" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]