忍者ブログ
中川謙太郎、 Good Friends の応援ブログです。 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みなさん、今日も一日、お疲れ様です。



ここは大都会、目を上げると人間の、足、
足、足、・・・・・。おかあさんねずみは

生きるのに必死の毎日、それでも3匹の
子供達を毎日、愛情もって育てていました。

ある日、子ねずみの1ぴきが、ねずみとり
に足を取られ、もがくうちにとうとう動け

なくなりました。”まぁ〜〜まぁ〜〜たすけ
て〜〜〜”おかあさんは、頭をひねりにひね
り、なんとか子ねずみを助けようとしていま
した。

そこへ、野良猫がやってきました。野良は
ごはんを済ませたあとだったようで、興味
すら示さず行き過ぎようとしていましたが
、子ねずみの大声にしばらくその様子を
伺ってました。

“大丈夫あいつは、ごはんすませたばっかり
だから食おうとはしないよ、大丈夫”

”まっててね、いま食べるものを持ってくる
みんなも手伝って!!”親子は、えさをさが
しにいきました。すると、野良猫が近寄っ
きました。”たすけてあげようかぁ?”

なんでもこの野良、こどもをもうずいぶん
亡くしたんだそうです。子ねずみははじめ
食われるのかよ!と思いましたが、彼には
片目がなく、傷だらけでした。でも、
やさしくあったかい雰囲気の野良でした。

“人間なんて本当にいかれた生き物だけどね
、ちょっと前に、人間達も酷い目にあってね
、この目もそうだけど、人間達はもっと酷い
目にあったんだよ。”

野良は、まるで太陽が落ちて来てすべてを
焼き付くした体験談を聴かせてくれました。
野良はその時、なんとか子供達を助けよう
として結局だめだったこと、水を飲もうと
川に行くと、隙間も無いほど人の死体で
覆われていた事など、つらい体験談を

両の目からあふれる涙をそのままに話てく
れました。そこへ、涙でぐちゃぐちゃに
なったおかあさんが兄弟を連れて帰って来
ました。”聴いてました〜〜そんなことがぁ
〜〜”

野良は、しかけをものの数秒で取ってあげ
、“絶対みんなはなれんじゃないよ!!”
と言い残し去って行きました。

ただでさえ、生きるのが難しいねずみに
とって“野良の体験記”はまったく信じられ
ない話でした。

”さあ、がんばろう!!そんなことが二度と
ないことを祈ってさ、4丁目のラーメン
屋に急ごう!!ごちそうがなくなっちゃう”

くまねずみの親子は、はじめて戦争の事を
知りました。



みんなの明日が良い一日になりますように
また、あした。



旧友の うれしい書き込み そういえば
バンドくんだね 泉君



中川
  ”レディオマジック、記憶の中、ただ
  かなしく・・・・だったっけ?結局
  ライブはしなかったけど、覚えたような
  記憶が・・・ひさしぶりです。オーナー
  シェフかぁ!すごい!!お互いに
  がんばろうね。また、書き込みください。”
                  謙太郎
PR
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
写真 。 。 。
謙太郎さん こんばんは。

毎年この季節には 小学生の時に見たある写真が思い出され
なんともいえない気持ちになります。
広島の資料館で見た被爆された方の写真 。 。 。
当時の私には重すぎたのか ・ ・ ・ 
しばらく頭から離れず 困りました。
それから なんとなく、そういう話や映像は 避けてしまっています。

平和に感謝して 何事にも真剣に生きるだけでは
いけないんでしょうけど 。 。 。


台風の被害も最小限ですみますように。
謙太郎さん いろいろ準備はOKですか ?
私は昨日 大きめのランタン買っちゃいました。
数年前の台風の後、何日も停電して 夜怖かったので ・ ・ ・ 。
あと 冷凍庫のアイスも食べとかないとね ♪
停電で溶けちゃいます f^_^;


おやすみなさい ☆


カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
中川 謙太郎
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1969/10/21
自己紹介:
Nakagawa Kentaro
福岡県出身 A型 天秤座
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(03/11)
(05/02)
(05/05)
(05/06)
(05/07)
カウンター
"中川 謙太郎" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]