忍者ブログ
中川謙太郎、 Good Friends の応援ブログです。 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みなさん、今日も一日、お疲れ様です。



なんか、こんな天気がつづくと、ついつい
ロンドン気分になり、地味目のでも、シュッ
とした格好でなにげに散歩などしたくなる

気がします。今日ははこれから知り合いの
ライブがあり見にいってきます。うわさ
では弾き語りの聖地らしく、練習中曲を
伝え合う時、一応引き語りになるから

僕にとっては実に勉強になるわけです。
やっぱり自分で弾きながら歌うことに
関しては興味があるし、うまくなりたい!
そう思ってますが、今日見に行く人達が

どんなふうにそれぞれの曲を伝えてくれる
か楽しみです。

気温も急に春先っぽいし、風邪引かんように
していかねばです。

昔、マウイ島でひとり、ビーチを歩いていると
よせてひく波が奇麗な場所を発見、その真ん中
に立ちたいと思い、浅瀬だったので、なんとか

たってました。すると、寄せる波と弾く波が
四方から包み込むように僕にからみ、僕の立って
いる砂をまるで砂をかくように削り取って行き
僕の状態がどんどん砂に埋もれて行きました。

鳥が飛び交い、雲が早めに流れ、ぼくは波に
包まれて砂にしずんでいき、やがて右斜めの
上空に虹、まるで天国のように美しい風景
の中に自分もいるような、体験で、感動と
ともに自然と涙がでてくるのを、感じました。

波も優しい波で砂の足を包む感触はいまも
わすれられません。

あの時、ぼくの足を包んでいた海水が、空に
登って雲となり、今日、雨になってると信じて
出かけて来ます。

それではみんなの明日が良い一日になりますように
また、あしたぁぁぁぁ。


道を行く かたくななのは おいといて
野に咲く花に 微笑み返し


中川
  ”受ける心、返す心、そのなかで
  育まれる絆の先に本当の人間の笑顔
  があるのだと、発見しました”
                謙太郎
PR
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
想いだしましたぁ
今晩は~☆彡

お疲れ様でしたm(__)m
ロンドンの空とマウイ島等々…沢山の想いでが蘇ってきます

あの頃はホントに 沢山でかけては 心から愉しい思いをしてたこと

心の中の宝物です

今日はライブに行かれるとの事。

一に勉強、二に勉強… 吸収できることが山程あるかもしれませんね

何か収穫できますように


では またですっ
明日から水無月
謙ちゃぁぁ~ん、おはようございますです
ヽ(≧▽≦)/

昨日は、いぃぃぃぃ~っぱ刺激を受けてきましたかぁぁ~(*^ー゜)
様々なジャンルの音楽や、芸術・文芸それに日常の出来事などなど、
色んなものから、貪欲に九州チャウチャウ吸収をして
音楽道の肥やしとして下さいませ。
吸収男児だぁぁぁ~(*≧m≦*)

波打ち際で、足下の砂が波に流され
少しずつ足が沈んでいく感じ、私も好きです(=⌒ー⌒=)
足の裏を少しずつ流れていく砂の感触が、かなり良い感じ( ̄∇ ̄)v


明日から、6月水の月だね。
二週間後にはライブも控えているし、
2009年の折り返し地点です。

これからも、風邪をひいたりお腹を壊すことなく
笑顔でお過ごし下さいませ。
元気が一番!!

さぁ~、私は今から寝るとしますかぁぁ~
(^◇^;)

お休みなさいませ(-_ゞゴシゴシ
波と砂と潮風と
を感じさせる文章ですねぇ。
マウイ島で出来た曲ということでしょうか?とても気になってしまいました
この曲のPV好きなんです。

ソロライブで謙太郎さんが歌っていらっしゃった時、また一段とこの曲が好きになったことを思い出しました

昨日のライブはいかがでしたか?
CUERVOさんの活動に役立つ情報ゲットできましたかぁ?
謙太郎さんとシマゼンさんお二人の弾き語りライブ、魅力的です
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
中川 謙太郎
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1969/10/21
自己紹介:
Nakagawa Kentaro
福岡県出身 A型 天秤座
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(03/11)
(05/02)
(05/05)
(05/06)
(05/07)
カウンター
"中川 謙太郎" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]