忍者ブログ
中川謙太郎、 Good Friends の応援ブログです。 
67 66 65 64 63 62 61 60 59 58 57
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みなさん、今日も一日、お疲れさまです。

この間、帰郷した時、思い出の場所、生の松原にいった時のこと
僕は、缶ビール片手に、初めてタバコを吸った場所に座って、その時
の仲間のことや、いろんな数々のエピソード、けんか、恋愛、
本当に思い出のたっくさん詰まった場所で「日が沈むまでおろ〜かね!」と
海をじっと見つめて頭の中のタイムマシーンフル可動で波の音を聴いていました。

「さぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜すぅぅぅぅぅぅ〜さああぁあぁぁぁ〜〜〜〜すううぅぅぅぅ〜〜〜」懐かしい風景は何の変わりもなく、少し砂浜を歩く事にしました。

すると、「えぇ〜〜〜い〜〜〜〜しょ〜〜〜〜おおおぇ、えぇ〜〜〜い〜〜〜しょ〜〜〜おおおぇ!」おじさんが、海に向かって”いわいめでた”という
山笠で歌われる歌をうたっていました。詩吟のような響きの中、おじさんから
数メートル離れたところに犬がいました。おそらく雑種。

「うぉ〜〜うぉうぉ〜〜〜うううぉおお!」僕がみはじめて、ほんの数分の間に
おじさんに会わせるみたいにいっしょに歌い出しました。
僕は10歳から20歳までここで少年期を過ごしたんですが、ここの夕日が
大好きでした。でもこんな光景は初めてでした。ほとんど、毎日春夏秋と浜辺
にはいたから、その光景がなんだか、啓示に思えて「最高のバンドつくるぜ!なんてここで良く海見ながらこうして夕日を眺めたっけなぁ」と思いつつ、詩吟のおじさん&犬を見ていました。

僕は用事があったので日が暮れるとそこを去りましたが、おじさん&犬はまだ
海にむかって歌っていました。「早く歌ぇえ〜〜〜早く歌ぇえ〜〜〜」。詩吟の
音がそう聞こえて海の波の音が「がんばれ〜〜〜〜あせるなぁ〜〜〜〜」といって
いるような気がして生の松原に祭られている神社の鳥居前で「がんばります」
とまず海にむかって、つぎに生の松原神社で誓い、今までなくなりかけていた
パワーをもらって数日実家で過ごし、東京に戻ってきました。

梅雨が長引くとの予想が出ていますが、この時期のあの浜辺を頭の中のタイムマシーンで散歩していると、海にむかって、歌いたくなります。
歌を歌うのと、波の押し返しって共通してるとこあると感じます。

波の音でもききにいこうかな?いっしょに歌いに!

梅雨が長引くようですが、台風などもこれからです。油断せずに夏を迎え
ましょうね。

それでは、みなさんにとって良い明日になりますように!
また、明日。


            謙太郎
PR
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
静かなる偉大な海
謙ちゃん、こんばんわ(*^.^*)

砂浜に寄せては退く波の音…

今はそこにいなくても、目を閉じているだけでなんだか聞こえてくる気がする(#^.^#)

多分、遠くを走る車の音と風の音なんだろうけど(^-^)


がんばれぇぇぇo(^o^)oあせるなぁぁぁ(^_-)-☆

私にも、波が声をかけてくれないかなぁ。
やらなきゃ行けないこと山積み(^-^;

自分で自分に、言いますかぁ((o(^-^)o))


本当の海は、今頃きっと凄い波なんだろうなぁ。
あんまり降らないで~
ニュースでの、大雨の様子、心配ですね。
見たことのないような降雨量が出ていましたけれど、、
これ以上、何事もないようにと思います。

頭の中のタイムマシーンは、いいですねぇ。
昔へもだけど、、どこかへもいけるし、、自分の中には、すごい装置がいっぱい、、。

昨日、久しぶりのともだちから、いつもそばにいるよってメールが来て、、、
私の中の地図は、隣の町より、遠くの友達のところがちかかったり、
すてきに、ゆがんでます。

おじさんと犬と、夕日を見ている謙太郎君、、、
謙太郎君ごと、想像する私、、
心を開ける場所
謙ちゃん 今晩は☆彡私達はの故郷を通かしつつある が気になりますよね。今までにない 大きさだとのこと…から目が離せませんですぅ。夕陽がステキな 生の松原も の影響で大きなで 荒れてるんでしょうね。実家で過ごして 帰ってくると 確かに又、頑張ろうって気持ちになれますよね やっぱり 家族の笑顔や温もりが一番の パワーの源になってるんでしょうかね。自分が自身が 素に戻れる場所だからかも知れませんね 謙ちゃん『笑顔で生きんしゃい』ね。今の私にも、天の声として聞こえてきそうなんですけどね(^_-)予感的中でしたぁ~嬉しい通知が届きましたよ~m(__)m楽しみにしてますね 明日もいい日でありますよぅに 謙ちゃん、ベム、ベロ、おやすみなさぁい
ちょっと羨ましいです
謙ちゃん、こんばんは
沖縄、九州の方は眠れない不安な夜で心配ですよね
早くいつもの大きくて穏やかな海に戻って欲しいですね

故郷…
実家に住んでいて、親戚もみ~んな近くに住んでいる私にとって、謙ちゃんやベラみたいに帰れる故郷があるのは羨ましいです

この間、『実家や親戚って近くにいてくれるほど有難い事はないのよ』ってベラにも言われましたが、今ではその言葉の意味も分かるし、故郷は距離の問題じゃなくて、ホッと出来る、自分に帰れる場所が故郷なんだなぁって思えるのですが、子供の頃は夏休みになると、遠くのおばあちゃんちや親戚のお家に遊びに行くっていう友達がとっても羨ましかったのを思い出します
よく母に『どっか遠くに住んでる親戚いないの?』って聞いてました

何だか自分の話ばっかり長々ごめんなさい
私もいつか謙ちゃんの思い出の海、見たいです

おやすみなさい

P.S.ベムの所にも嬉しいお知らせが届きました
楽しみにしてま~す
いいですよね海。
私は大好きな砂浜があって、そこは鳴き砂があるところで、歩くとキュッキュッといって、歩くだけで癒されていました 

海に行くと、何故か悩み事はなくなるし、日が沈むまでずーっと遊んでいました。

私は泳ぎは得意ではなかったので、いつも浮き輪でフラフラしては、あぢ~と言って、はやばやと海から上がっていました。

ただ砂浜で友達を埋めることや、棒倒しには、力が入っていました

今は海に行くことも少なくなり、
ほんとうは海が恋しいです。

謙太郎さんは思い出の海にたくさんのエネルギーをもらって、頭の中のタイムマシーンで行ったり来たりして、やっぱり十分過ぎるくらい影があるんだなぁと感じます。考える姿は色ぽいですしね。

男の人は一人でも、海とかでたそがれていても絵になりますよねぇ。羨ましいです

謙太郎さんの歌を、海も聴きたがっているかもしれませんね。
私はもーっと聴きたがっていますが

頭の中のタイムマシーンを上手く活用して、思い出を大切に、記憶力が低下しないように、時には大好きな場所に行って、癒しをもらおうと思いました。


カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
中川 謙太郎
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1969/10/21
自己紹介:
Nakagawa Kentaro
福岡県出身 A型 天秤座
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(03/11)
(05/02)
(05/05)
(05/06)
(05/07)
カウンター
"中川 謙太郎" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]