忍者ブログ
中川謙太郎、 Good Friends の応援ブログです。 
54 53 52 51 50 49 48 47 46 45 44
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みなさん、今日も一日、お疲れさまです。

昨日の続き、書きます。
夏休みに入って突然のドッチボール。僕は、引っ越しが10月10日に迫っていた
こともあったのか、いつになく花火会には、関係ない友達まで巻き込みたい!
そう思っていました。当時、電話といえば、玄関の下駄箱の上、
今では考えられないところに設置してありました。ダイヤルの緑電話でした。
「明日、小池前広場で花火するけんきーよ!」
20数件電話したと思います。よし!これだけ呼べばOKとばかりに
明日花火を買うお金を確かめて、寝ました。

当日、お店で、はちあうはちあう!みんな当然小さな町ですからはちあうんです。
「これおれが買うけん、おまえこっちね!」「なんでぇ?おまえがこっち買え!」
「それ、私も買ったよ。いいやん、いっしょでも!!!」
とにかく、花火会は花火大会にちかいくらいになっていったんです。
みんなおこずかい程度だと思っていた僕は、みんな花火のためにすごいお金をつかってることに気がつきました。「いかん、差をつけらないかんよ、けんぴ!」
ひろが、肩を叩いてぼくらのいっぱいとはいえないかった花火を見つめていいました。
「ひろ、金まだある?おれもう少しあるけど、どうせなら南ヶ丘のおもちゃ屋にいって差ばつけようや!」「OK!!!それいこう!けんぴ!」

隣町のおもちゃ屋は、ここらでは一番の品揃え!わくわくしながら自転車にのって
おもちゃ屋到着!
「やっぱちがーね!よっしゃ!」パラシュウト花火、ドラゴン、2b弾、3b弾
ロケット花火、とにかく僕とひろの商品選択はナイスだったと思います。
「けんぴ?いくら残っとう?おれもう200円!」「おれは160円やん、あっこれかっていこ!線香花火」20円の線香花火18束。
「いいねいいね!最後はねぇやっぱ線香花火やろ」
僕とひろは待ちきれずにいっそいで自宅にもどり、7時集合までの時を
待っていました。

やがて6時50分、しっかり覚えてます。10分前に現場にいったこと。
「なんで、なんでこげん人がおるとぉ〜〜〜〜?」僕は昨日のメンツのりょうくんに
聴きました。「みんな電話したっちゃろう?けんぴも?」うなずき、50人近い小学生の集団に昨日の誕生会の彼女の弟の真ちゃん、おかあさんまで来ていました。
「子供だけで花火は危ないけんね」おばちゃんがいうとまもなく
浴衣の6年女子軍団20人くらいが一気にそこにあらわれ、近所のおばさん、
おじさんまでくる始末。

「浴衣かぁ〜〜〜〜」ひろがいいました。僕たちはみんなぼぉ〜〜〜っとして
まつりのようなその浴衣の軍団にめを奪われました。
「じゃはじめるよ〜〜〜」3カ所くらいにわかれて始まりました。
手に持つ花火ぐるぐるまわすと奇麗で奇麗で、派手なもの、ねずみ花火、花火、花火、花火!!!!!ばんばん!いっまのような打ち上げ小型花火はまだありませんでした。でも本当にきれいでした。
僕たちはロケット、ドラゴンなどやっている途中で2b弾をいっかいだけならしました。するお「けんたろう、それはだめぇ〜〜おとが大きすぎる〜〜」
きのう誕生日だった彼女に注意されましたが、僕は調子に乗って3b弾をならしていました。
すると近所のおじさんがつかつかとやってきて、僕らはてっきり怒られるぅ〜〜
と思っていましたが「貸してん!こうするったい!」火をつけおじさん池に投げました。すると「〜〜〜〜〜ボン!」おもしれぇ〜〜〜〜!「ロケット花火はもっとおもろかじぇ」おおおおおもしれぇ〜〜〜〜!!!!!どんぱんどんぱん!「ぶくぶくぶくぶく〜〜〜ボン!」大発見でした。水中花火は少々魚君、カエル君をおどろかせたようでした。わ〜〜きゃ〜〜〜とうきうき楽しいひととき。


花火はたくさんの人が集まったおかげで盛大かつ自由に楽しく終わろうとしていました。いつの間にか仕切りやのおじさんが「みんなきょうはおじさんも久しぶりに
楽しかったです。ありがとう。最後はみんなで線香花火やりましよう」
すっかり仕切っていました。でもおじさんもちらほらいた大人たちみんなが
立ち話しながらたのしい夏のひとときを夕涼みしているのがわかりました。
みんなぶんの線香花火はしっかりありました。

「ひろ!けいこちゃんと線香花火せれ!」「はぁ?はずはしか!」「いいけんいいけん」気が利くんだかおせっかいなんだか僕たちはいつのまにやら昨日のドッチの相手たちと線香花火やってました。

「じぁ〜〜ね〜〜ばいば〜〜い」「おやすみ〜〜〜〜」
ばらばらでそれぞれ帰り始めドッチメンバーと数人が残った線香花火を
やってるだけになってました。改めてそのときの浴衣の女の子達を思い出します。
それと仲間達を。確か、未来というか中学になったらの話で盛り上がったんです。
「おれ、剣道部!わたしは、バレー部!」とかね。「おれ郷土研究部!」といったのはりょう!彼がなぜ爆笑をさらい行くつもりもない郷土研究部といったのか
受け狙いだったような、本気だったような。
僕は、「転校するけん、わからん!」引っ越しなんていやだぁ〜〜〜と叫びたい気持ちがそのことばに現れていました。                               



「転校しても遊びにおいでよ!ねぇ〜!線香花火しよ!」

僕のなかのナンバー3さんのこの一言!うれしかったぁ〜〜〜。

花火の後かたずけをすませ、「またやろうねぇ〜〜じゃねぇ〜〜〜」
たのしかった花火会がおわりました。小池前公園は僕の家の近所でした。最後までみんなが消えるのを
眺めていました。あまく切ない思いが謙太郎少年の胸にのこり、ベスト3だった
彼女はしばらくの間ベスト1でした。引っ越しのことが正直つらかったんでうす。

線香花火をいっしょにできたのは、ひろのおかげでした。
知っていたとは思えませんが、だいたい分かるもんです。ありがとう、ひろくん。

向かい合ってどっちが火種を守れるか、そのことより、浴衣のかわいい
あのころのあこがれの人、僕の仲間達、目を閉じてニューシネマパラダイス
のサントラを聴きながら、確実に今ぼくは、感動しています。淡くほんわかとした
思い出に。

今生きてこうして思い出に感謝できることに、感謝です。

今年は手持ち花火でもやってみようかと思います。
思い出ばかりじゃいけませんが、今の僕には大変必要な心の支えです。

思い出は4次元を旅する唯一の方法です、いいもんです。
こうして思い出し、ニュシネマパラダイス聴きながら、

今夜は、おもいっきり懐かしさに自分をあずけようと思います。

今、こうして思い出に支えられている事に感謝です。                        

やさしく強い、ニューシネマパラダイスの音楽に自分も
人のささやかな思い出をあたたかく見つめられるような
アーティストを真剣にめざそう!そんな思い出いっぱいです。


思い出達、やさしく強い音楽に、今夜も感謝です。
みなさんもやっみてください、時間のあるときにゆっくりと。

お金では買えないものが僕たち人間にはあることがわかりますよ。
そしてそれがしなやかな活力として力をくれるんです。
あったかい!今こころが!

それでは、また、長文になってごめんなさい。

明日がすばらしい思い出の一ページになりますように!

           謙太郎
PR
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
すごぉぉぉぉいっ!!!
なんという文章力なんですかっ。謙太郎さんの長文はクセになりますね思い出バンザイです花火会から、花火大会並みになり、大人達まで楽しんで夕涼みになるなんて、今では考えられない、昔ならではというか、本当にいい環境に恵まれて、謙太郎さんたちは良かったですね今の大人たちじゃ考えられないですもん。自分も大人ですが
花火の種類懐かしいですね。ドラゴンとかパラシュートは押さえとかないとですよね。ぱらしゅーとは何故かどこに行ったかわからなくなるほうが、盛り上がっていました私の友達はねずみ花火を友達の足元に投げる予定が、花火をする少し前にマニキュアをみんなで塗ってからしたのが原因かわからないですが、火をつけてすぐなげようとしたにも関わらず、すぐ親指のマニキュアの部分にくっついて、バーン友達は半泣き笑いでした。周りの私たちは大爆笑でした。笑ったらいけないとわかっているのに、つい笑ってしまい今でも友達と集まると、そのコトを思い出し、思い出話に花が咲きます私たちは女のコなのにきまってロケット花火を手に持ってしたり、地面に埋めてしたり、小学校が近いので、夜11時くらいになったら、こっそり花火あとはプール大会なんてこともしていました(笑)
今思い出すと、本当に楽しかったなぁと思います。

謙太郎さんはニューシネマパラダイスのサントラを聴いて泣いていませんか?私はニューシネマパラダイスのサントラを聴くと、感動が蘇って泣いてしまいます本当にいい映画ですよね。曲もすごくいいですし、私はこの映画を紹介してくださった方に感謝しています
俺の思い出2
Jr.ハイスクール時代に学校の裏山に一冊の本が落ちていました。
それはビニールで覆われた高価なもので、持ち主の方は大変大事にして、裏山に隠していたんだと思います。
さて親友のK君なんですが、この本を家に持って帰り、自宅でかなり勉強してたみたいだったので、『あの本はどうよ』と聞くと『一日でマスターした』との意味不明の言葉でしたが、K君のいきいきとした発言に僕も借りてみる気になり、その夜、僕も一日でマスターしてしまいました・・・
なにせビニールで覆われてる高価な本ですから、保管が難しく、家族にも見つからない様に早く返したいと思っていたところ、抜群のタイミングで自宅の下にK君が!!
僕は条件反射的にその本を『K君!』と言って2階から投げました。
近くには、主婦が二人と中学生の女の子がいましたがK君の足元にホークスの杉内並に見事にコントロールされました。
K君はびっくりした形相で、ビニールで覆われた高価な本を拾わずに、鼻歌まじりに通りすぎてしまいました。
K君のあまりにも突然な事に対する判断力と鼻歌で主婦達を交わす対人折衝能力はとても素晴らしく、深く感動した僕は営業マンの道へ導かれました。
有難うK君!!
その後K君は、拾いにきましたが、なぜか主婦の間を欽ちゃん走りみたいな感じで帰っていきました。実話です~木陰。
新しいうたができそうな、、
謙太郎くんの、転校前の話は、、
なんだか、少し姿を変えてでも、
新しい歌が出来そうな思い出ですね。

熱い血になって、謙太郎君の中をめぐっているんだろうなぁって思います。
想いでに…
今晩は 小さい頃の けんぴー少年の話しに その当時の様子が垣間見えるようです鮮明に覚えてる事にも 感心してますぅ。私ごとですが、 大事な人がいなくなって 明日で 丁度、2ヶ月になります もう2ヶ月なのか、あっと言う間の2ヶ月、なのかどちらともいえない 2ヶ月です。毎日思い出すのは 姿、仕ぐさ、声など…帰った時の会話や表情そんなことばかりが 思い出されて 胸が熱くなり今は自分がしてる分だけ 淋しい思いをさせていたんだろぅなぁ~って後悔の日々です 小さい頃に花火大会や家族で映画に行った帰りのことなど 楽しいことも 沢山あったのに 今は何故か淋しい事ばかり思い出されて仕方ありません。『淋しかとは 風が吹いたぶんだけ 静かにもっていってくれるとたい!そいけんいつまででんくらか顔ばしとったら つまらんとばい!』って 叔母に励まされてきましたが まだ、独りになるとダメですねぇ 幸いに楽しい時間がを過ごすせる 愉快な仲間達に助けられて少しづつですが 元気を取り戻すことができてます けんぴー少年の 日記にも 元気を貰ってますよp(^^)q有り難とうm(__)m 梅雨とは言え ちょっと湿っぽい話になってしまって(^^ゞ ゴメンナチャイ(__)m いっけなぁ~いっ!日付が変わっちゃいましたぁでは おやすみなさぁい
ほのぼの
今日も一日お疲れ様でした。
謙太郎さんの小学校時代の男同士の熱い友情と、好きな子と一緒に過ごした淡く楽しい想い出のひととき
飾らない素直な言葉達から、謙太郎少年のその当時の心情や行動が、私の心まで伝わってきて、とっても素敵でほのぼのしました
そしてそんなあたたかい想い出を胸に、これから目指す謙太郎さんの未来像
前に進む事ばかりでなく、過去の想い出に浸る時間も大切ですね
いつの間にか同じようにその時代を振り返ってる自分がいました。
素敵な想い出の1ページに触れさせてくれた謙太郎さんに感謝です♪ありがとうございました
心暖まるお話を
ありがとうございました。
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
中川 謙太郎
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1969/10/21
自己紹介:
Nakagawa Kentaro
福岡県出身 A型 天秤座
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(03/11)
(05/02)
(05/05)
(05/06)
(05/07)
カウンター
"中川 謙太郎" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]